【セブパシフィック利用】エピペンを機内に持ち込むためには?実際に問い合わせてみました。

こんにちは。
ながとも(@nagatomo630)です。

2019年夏、こどもの夏休みを利用して
小学3年生と1年生のこども2人をつれて
4週間の親子留学を計画しています。

無事に4週間の留学を終えました!
その時の様子はこちらのカテゴリで書いてます^^
参考 セブ島親子留学日記しゅふえーご

今回はセブ島へ行くため
外資系LCC、セブパシフィックで航空券の
予約をおこないました。

娘はエピペンを常時携帯しているアレルギーっ子です。

2019年4月、エピペンを機内に持ち込むためのルールを航空会社に確認したのでその時の内容をまとめたいと思います。

この記事では
・外資系LCCセブパシフィックではエピペンを
機内に持ち込むことができる?
・持ち込みの条件に必要な書類は?
・英文の診断書って病院で作ってもらえるの?

前回ANAを利用したとき、エピペンを機内に持ち込んだときの記事はこちら

【ANA利用】エピペン持参!アレルギーっ子を連れて海外旅行!機内への持ち込みは英語での診断書が必要って本当?

■セブパシフィック航空ではエピペンの機内への持ち込みOK

結論!
セブパシフィック航空ではエピペンの機内持ち込みは可能!/span>

今回プロモチケット(キャンセル不可)購入後
に問い合わせをしたので、

「もし持ち込み不可だったら…。」と不安でしたが無事に持ち込めそうで安心しました。

ですが、
持ち込みは可能ですが日系ANAとは違い持ち込みむために

・書類の用意
・旅客取扱フォームへの記入

の2点が必要とセブパシフィック航空日本支社から回答をいただきました。

■セブパシフィック、エピペンを機内に持ち込むのに必要な書類は?

セブパシフィック航空ホームページ内
特別サービスリクエストのページに
セブパシフィック特別サービスリクエスト

医療上の事由をお持ちのお客様、および携帯用酸素濃縮機(POC)
を携行されるお客様

医療上の事由をお持ちのお客様は、以下の書類が適切に
記入、携行されている場合に限りご搭乗が認められます。

・旅客取扱いフォーム
・担当医師の署名と「旅行に適している」という旨が記載
された医療証明書

と書かれていることから
エピペンの機内持ち込みは医療上の事由にあたると思い電話で問い合わせをしたところ

以下の回答をいただきました。

・エピペンの機内への持ち込みは可能
・主治医の診断書(英文)を携行すること
・パッセンジャーハンドリングフォーム(旅客取扱フォーム)
への記入を搭乗前にチェックインカウンターでおこなう

順を追って詳しく書くと

エピペンの機内への持ち込みは可能

条件を満たせば機内への持ち込みが可能です。
ANAとは違い無条件に持ち込みが許可されていません。

2主治医の診断書(英文)を携行すること

証明書ではなく診断書が必要。

診断書の決まったひな形はなく
・乗客は飛行機に乗っても問題ありません
・アレルギー症状がでたときに
エピペン (自己使用注射器)を使用します

この2文の内容が書かれた診断書であれば大丈夫と回答がありました。

パッセンジャーハンドリングフォームへの記入を搭乗前にする

搭乗2時間前にはチェックインカウンターに行きパッセンジャーハンドリングフォームへ記入を行います。

その際、医師が作成した診断書を用意して向かいます。

■英文の診断書って病院で作成してもらえるのか?

もちろん医療機関により異なると思いますが

娘のかかりつけ総合病院では英文での診断書作成をしていただけると回答いただきました。
(なのである程度大きな病院では対応していただけるのでは)

病院により診断書のフォーマットが異なる
ので診断書の作成を依頼するときはかならず

・乗客は飛行機に乗っても問題ありません
・アレルギー症状がでたときに
エピペン (自己使用注射器)を使用します

の2つを入れてくださいと伝えるのを忘れずに!

■【セブパシフィック利用】エピペンを機内に持ち込むためには?のまとめ

航空会社によって対応がマチマチな
エピペン機内への持ち込み。

・セブパシフィック航空ではエピペンの機内持ち込みが
許可されている。

・持ち込みの条件に
「医師の診断書」
「パッセンジャーハンドリングフォームへの記入」が必須

注意
2019年4月の情報になります。
最新の情報は航空会社へのお問い合わせを
お願いいたします。

少しでも参考になればうれしいです( ´∀`)

航空会社は異なりますが
ANAのエピペン持ち込みルールはこちら

【ANA利用】エピペン持参!アレルギーっ子を連れて海外旅行!機内への持ち込みは英語での診断書が必要って本当?

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ