フィリピンのメリエンダ!「ピナイパイ(マルヤ)」を日本で作ってみたよ。

こんにちは。
コロナ収束後、フィリピンへ母子移住を予定しているながとも(@nagatomo630)です。

フィリピン料理が好きな変わり者(←フィリピンに失礼)な私ですが、
日本でフィリピン料理が食べれるお店が少なすぎるため、自力で作ることにしました。

フィリピン料理。
美味しいんですけど、カロリーがね(笑)
そこは目をつぶってトライしてみてください。

今回は、フィリピン人なら食べたことない人はいない!(…ハズ)
「サバ」という品種のバナナを使ったおやつを作ります^^

ピナイパイ(マルヤ)の作り方

材料

  • サババナナ…3本
  • 卵…1個
  • 小麦粉…大さじ5
  • 砂糖…大さじ3
  • 水…大さじ3
  • バター…大さじ1
  • サラダ油…適量(フライパン厚さ1cmくらい)
  • 砂糖…適量(仕上げ用)

作り方

STEP.1
バナナの皮を向いて薄くスライス
人によっては扇型だったり、マッシュタイプだったり色々ですが、今回はスライス!

STEP.2
衣作り
ボールに卵を入れ溶き、小麦粉、砂糖、水を加えよく混ぜて衣を作ります。
STEP.3
油の準備
フライパンに油をそこから1cm程注ぎ、大さじ1のバターを加え熱します。
STEP.4
衣付け
スライスしたバナナに衣をつけ、温まったフライパンへ。
STEP.5
揚げ焼き
こんがり底に色がついたらひっくり返し、両面揚げ焼きにします。
STEP.6
取り出し
キツネ色に焼き上がったら、キッチンペーパーの上に取り出し油を切ります。
STEP.7
仕上げ
熱いうちに砂糖をたっぷりまぶしたら完成です^^

ポイント

高温だと焦げやすいので、低めの温度でじっくり揚げ焼きにするのがオススメです。
砂糖をまぶしてるので十分甘いですが(衣にも砂糖入ってるし)、練乳をかけてもブラックコーヒーにとっても合います!

サババナナの入手場所


日本ではあまり馴染みのない「サババナナ」。

そのままで食べれなくは無いですが、
フィリピンではボイルして食べたり、デザートの材料として使われてます。

今回私はイトーヨーカ堂、食品売り場のフルーツコーナーで購入しました。
全国のヨーカドーで取扱があるかわかりませんが可能性はあるかもしれません!

スーパーなどで見かけたら是非。
試して見てください^^

そもそも、ピナイパイ(マルヤ)って?

日本で言う、バナナの天ぷらorバナナのフリッターです。

フィリピンでは「マルヤ」という名前の方が浸透しているかもしれません。
ですが、留学として有名なセブ・ビサヤ地域では「ピナイパイ」という名前で親しまれていました^^

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

ではまた( ´∀`)ノ